包皮小帯

男性がコンプレックスに感じる包茎というのを簡単に説明しますと、亀頭が余分な皮で覆われてむき出しにならない状態のペニスのことを包茎と呼びます。
この余分な皮なのですが、この皮の中に「包皮小帯」といわれるものが存在してきます。
「包皮小帯」とは、亀頭の裏側と陰茎、いわゆる包皮とを繋いでいる筋のことであり、性感帯としても有名であります。
そもそも包皮とは、ペニスの先端部を覆っている皮のことで、亀頭以外の部分を陰茎と呼ぶのです。
亀頭の先端には尿が通る穴が開いおり、この穴の下の部分と包皮の間には筋状になっている箇所があります。
この部分のことを「包皮小帯」と呼び、陰茎の筋ですので「陰茎小帯」とも呼ばれているのです。
俗に「ウラスジ」とも呼び、ある意味男性にとってはこの呼び名のほうが親しみやすいのではないでしょうか。
「包皮小帯」は性感帯としても知られており、この部分を愛撫することで男性に快感を与えることができます。
厳密には、性感帯は「包皮小帯」自体ではなく、この部分の奥にある組織が性感帯になるのです。
ですので、仮に手術で「包皮小帯」を切除しても性感に影響を与えることはありませんし、もっとも神経などが上手に接続できていないと亀頭の部分などの感覚に異常が出ることもあります。

「包皮小帯」の伸長についてなのですが、幼児期には「包皮小帯」はあまり長くありません。
ですので、この時期に皮を剥くと突っ張ってしまい下に向かって反ってしまいます。
ペニスの成長と共に「包皮小帯」も伸びていって勃起時のペニスは上向きになっていき、技術が未熟な医師が包茎手術をした場合、包皮のバランスが悪くなってしまうことも可能性としてはあるのです。
この場合、幼児期のように「包皮小帯」がつっぱってしまうことがあるということです。

最後に「包皮小帯」の切除についてなのですが、かつては「包皮小帯」を取り除くと早漏が治ると考えられていました。
ですが、現在では早漏治療には効果がないとされており、包皮小帯切除術はほとんどみられなくなったのです。
手術で切断するのは、つっぱってしまい性交時に痛みが生じるような場合のみになっており、この場合には性生活に支障が出ていますので保険治療の対象となるのです。
保険を適用した場合、費用は1万円から3万円程度で済みますので、こういったような状態の人のほとんどは保険を使って比較的安い費用で包茎治療を受けています。
変わった例の中に、「包皮小帯」が気持ち悪いと考えて取り除くという人もいるようです。
この場合は生活に関して支障は全く出ておらず、美容整形と同じ位置づけとなりますので、保険は一切適用できません。
その際の費用は10万円以上からというのが一般の相場となってきます。



▽SPECIAL LINK
包茎の悩みについて相談ができる専門クリニックです → → 包茎の悩み

Copyright © 2014 亀頭を覆っている包皮について All Rights Reserved.